未分類

ニューロッドとoxymoron60

私、ロッドを買いました!

以前より使っていたロッド、愛着はとてもあるのですがどうやら最近のヘビーウエイトミノーにはちょっとパワー不足が否めず。現在テストを繰り返し、ほぼ最終段階までこぎ着けた『oxymoron60(仮)』もちょっと気を使いながら操作しないといけなくて。テストもあるしと言い訳をしながら購入に踏み切りました!

レングスは6ft10in、パワーはMLからLのいい所取りというこのロッドを使う場所、対象となる魚のサイズ、使用するミノーを考えるだけでワクワクが止まらないですよね♪

友人達のお誘いもあり早朝の川に立つ日はすぐに訪れます。

朝靄のかかる河原でウェーダーを履き、おろしたてのロッドにリールを取り付ける。友人達と合流する前にリーダーを結び直したのは内緒w

車のドアの横でルアーボックスから完成したばかりの『oxymoron60』を迷いなく選ぶ。だって今日使いたくて仕上げたんだから。この場所、このロッド、このミノーで釣りがしたい!そしてなぜか釣れる気しかしないw

河原におり、ポイントを見渡す。魚の着きそうな場所を確認し友人に進めるも先にどうぞと。そんなことしたら釣っちゃうよ~なんて冗談を言いつつありがたく先行させて頂くことに。

朝イチに選んだ場所はトロから瀬になるかけ上がり。そこにスイカ大の岩が絡むポイント。頭が出るか出ないかの岩を複数選び、1回のキャストで最も効率よく沢山の岩の回りを流せるルートを決める。朝イチはトロで休んでいる個体、瀬に入って臨戦態勢になってる個体が共存していると考えるから手返し良く探らないと大場所なんで終わらないですしね。

一投目は改良したoxymoron60の動き、引き抵抗等を確認しながらトゥイッチの強さを変えたり巻きスピードを変化させたり。随分と引き抵抗が軽くなり使いやすくなったが、それ以上にトゥイッチ時のドックウォークのキレがヤバい!ラインスラッグを多めに出し、スラッグを揺らす位のソフトなトゥイッチがベストな感じです。私のスタイルに限りなく寄せてるので当たり前といえばそれまでですが。

そして4投目。気になる岩前に流し込む為、アップ気味にトロに向けキャスト。少し沈めてからトゥイッチ開始。狙いの岩前に入るように、浮き上がりすぎないように丁寧に強弱を付けながらトゥイッチしていく。狙いの岩前を通り過ぎたか?と感じた瞬間に突然その時は訪れる。

「ドンッ」という表現がピッタリな手応えと重量感。友人に『来たよ!』と平静を装いながら伝えたが、心臓はバクバクw

幾度となく繰り返す突っ込みをロッドのタメと長さでかわし、無事にネットインした魚は尺上のアマゴ。朱点は薄く、川規模にあった体高に筋肉質な背中。小顔なイケメン君でした

33cmのナイスプロポーション!

友人達とハイタッチを交わし、リリース。この流れに戻っていく瞬間が堪らないですよね。

さて、このoxymoron60。もう少し改良の余地があるかなと感じますが操作感は抜群に良くなってます。本流域では絶対に武器になるバルサミノーを目指して改良とテストを繰り返していきます!乞うご期待!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です